monstera diary

2006年05月14日

“斑入り”というよりは・・・

fuiri.jpg  斑入り植物は、まるで錦鯉の柄ように、斑の入り方にこだわり、マニアックに育て、コレクションされている方も多いと聞きます。斑入り植物の本も出てますね。僕はそこまでマニアックに斑をコントロールしたりは出来ませんが、斑入りモンステラを育てていると、一つの株でも、様々な斑の入り方をして、おもしろいですよね。最近新しくでた葉は、「斑入り」と言うよりは「斑だけ」・・・ほとんど真っ白で、先の方に申し訳程度に緑の部分があります。いかにもか弱そうな葉っぱですね。
この記事へのコメント
まっしろですねー。
斑が葉全体にひろがったものを「うぶ斑」というのだそうです。ほぼうぶ斑。
Posted by ごろぶー at 2006年05月17日 16:55
「うぶ斑」ですか。
それは「斑マニア」の世界では良いのですかね?
なんだか良さそうには聞こえますが。
でも「うぶ」という感じで、ほんと柔らかいですね。
Posted by oh!no at 2006年05月18日 18:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/696483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック