monstera diary

2009年03月12日

ついにカイガラムシ登場!!




minima_kaigara.jpgminima_kaigara2.jpg


いろんな雑誌にも登場させた「スプートニク型ミニマ」が最近いつも濡れてるなーとおもったら・・・さわるとベタベタ。(写真下)

よく見ると、茎や葉まで、いろいろなところに透明な樹脂のようなベタベタがついている。

これはもしや・・・・

やはりいました、カイガラムシ!!(写真上中央の楕円形のやつ)

僕は、カイガラムシの被害といえば、バラの真っ白い奴しか経験なかったので、気づくの遅れました。ベタベタがつくのも、モンステラにつくのも初経験。

ご存じの方も多いでしょうが、このベタベタはカイガラムシの排泄物らしいです・・・

爆発的に増える様子もないですが、ひとつひとつとるか、ばさっと切ってしまうか思案中。

昔バラについた奴は、もっと白くて、もさもさしてて、ちょっと放っておくと爆発的に増え、あっと言う間に茎全部が真っ白になるくらいに。
カイガラムシはその名の通り殻をかぶっているため、薬が効きづらいらしい。
そのときも、歯ブラシでゴシゴシしては、水で流して、でも全部取るのは一苦労。
さらに一匹でも残してしまうと、また増殖。がっかりして、取る気も失せて放っておくと、突然大増殖して、真っ白に・・・・
ねずみ算的に増えるんですかね?初めはぽつぽつ増えるのに、途中から「どばっ!」ってかんじで増えるんですよね。

今回のはそんな増殖しないようですが、早く何とかしなければ・・・


イラストレーターoh!noの日記的なブログはこちら↓
http://monsteradeliciosa.blog.so-net.ne.jp/

イラスト関連ニュースはこちら↓
http://www.monstera.jp/monstera/cgi/mt/news/

2009年02月09日

こちらはこんなかんじ・・・

IMG_0294.jpg

雑誌にも登場したミニマはわさわさと垂れてます。


イラストレーターoh!noの日記的なブログはこちら↓
http://monsteradeliciosa.blog.so-net.ne.jp/

イラスト関連ニュースはこちら↓
http://www.monstera.jp/monstera/cgi/mt/news/

2009年02月02日

いいかんじに・・・

IMG_0290.jpg

ミニマ、いい感じになってます。
2本の枝分かれはすでに先端が成長停止。
3本目の枝分かれが上に伸びてますが、これも先端が黒く・・・
4本目の枝分かれが出るのか??

日記的なブログはこちら↓
http://monsteradeliciosa.blog.so-net.ne.jp/

イラスト関連ニュースはこちら↓
http://www.monstera.jp/monstera/cgi/mt/news/

2008年09月09日

しだれ

minima_tare.jpg
minima_eda08.jpg


BBSにミニマの枝分かれや、しだれについて書き込まれていますが、
以前のBBSで、全く垂れ下がらない元気なミニマを紹介しましたが、どんどん垂れ下がっているいい感じのミニマもあります。

こちらはやはり、「垂れ下がらない元気なミニマ」より、すこし日陰にあります。
というかほぼ直射日光はゼロ。そのせいか、いいかんじに?ひょろひょろにどんどん伸びてます。

BBSなどで書いたように、根詰まりからか、一度先端の葉が黒ずんでそれ以上伸びなくなりましたが、すぐに根もとから脇芽が出て、今では2本同じ長さ。
さらにもう一本も新芽の葉切れが起きて、さらに根もとから枝分かれし出しました。

写真は綺麗に垂れてますが、普段は横に這うように伸ばしてます。
垂らしておくと、二本の幹の重みが一つの根に集中するので、さらにこれはセラミス仕様なので、根が抜けそうです・・・

※写真1:二本の幹が垂れ下がるミニマ
※写真2:根もとから3本目の枝分かれ

2008年06月05日

なぜ垂れぬ・・・

minima080604.jpg
雑誌にも登場したミニマの垂らし仕立て。
BBSにも書きましたが、やはり目詰まり?して茎が伸びなくなりました。そして例によって脇芽が出てきたのですが、これがまた元気で、上にしか伸びません・・・
まあもう少し伸びてくればまた垂れてきていい感じになるのでしょう。
でも元気だな〜

みなさん、いつもいつも品評会に楽しい写真投稿ありがとうございます。
6月からまた一言コメントつけさせて頂きます。また途中で挫折するかもしれませんが・・・
みなさん、写真まってま〜す。

2006年10月16日

枝分かれするミニマ

edawakare.jpg

以前にも書いた「枝分かれするミニマ」ですが、また枝分かれしました。
前回は、伸びた幹の先端が床について、新芽の先がつぶれ、黒くなってしまったので、その先が伸びずに、しようがないから枝か割れしたと思っていたのですが、今回は、今まで伸びていた幹も葉も、特に何かあったわけではないのに、突然の枝分かれ。枝分かれした幹ではなく、一番最初のオリジナルの幹から、しかも前回の枝分かれより、先端の部分から出ました。他のどのモンステラも、幹を切ったりしなければ、枝分かれしたことはありませんがどういう加減なのでしょうか?
昔買ったモンステラで、ひと株だけ、もともと枝か割れしていて、その双方が伸び続けている株があります。これも、光や根や水・・・何かの条件、あるいは複合的な条件によって始まるのでしょうな・・・
posted by nam at 22:22| Comment(1) | モンステラ・ミニマ

2006年05月22日

幹から枝分かれ?


minima_stop.gif

minima2.gif
盆栽のようにかっこよく仕立てていたミニマでしたが、先端から突如奇形の葉っぱが出てきて(写真上)そこから全くのびなくなってしまいました。前にも同じようなことがあって、そのときは切り戻して対応したのですが、今回はちょっとほったらかしておいたところ、なんと根元近くの幹から枝分かれ的に新芽が出てきました。(写真下)
買ってきたモンステラの中に、枝分かれしているものがあったて、そのときは「どうやって枝分かれをつくるんだろう」と思っていましたが、先が成長できなくなると枝分かれするのですね〜。

2004年10月18日

モンステラ・ミニマ 02

minima_03.jpgリサイクルショップでいい感じの植木鉢(?)を見つけたので、ちょっと時期が悪いかとも思ったのですがミニマを植えてみることにしました。鉢底の穴がないのでハイドロカルチャーにします。

最近の日照不足でちょっと元気のなかったこのミニマを植え替えます。

minima_04.jpg今回はセラミスシステム で植えることにします。セラミスシステム はハイドロボールと違い植物の根についた土を洗い流す必要がなく1年中植え替えができるようです。そのセラミスグラニュー(室内栽培用土)を鉢に入れミニマを植え付けセラミス液体肥料観葉植物用を薄めて水やりをしました。

土に植えるとしっかりと育つので良いのですが、このようなセラミスシステム などのハイドロカルチャーにすることによって底に穴のない自分の気に入った器に植物を植えることができます。そしてセラミスの場合自重以上の水分を吸収することができるため水やりの回数を減らすことができます。また虫もつかず見た目にもきれいです。

というわけで、こんな感じになりました。和風なインテリアにぴったりでは?

2004年06月05日

モンステラ・ミニマ 01

minima_01.jpg このミニマですが、ひょろひょろと伸びて次第に新しい葉っぱに切れ目も入らなくなってしまったので挿し木をしました。以前はハイドロでしたが今回は少し大きめの鉢で土に植えてみました。 もうすでに根付いているのですが、やはり切れ目のある葉っぱが出てくるようになりました。